別府に”あたらしい地獄”をつくる!

子どもたちは、どんな罪を犯したら地獄に落ちると考えているのでしょうか?

そして、子どもたちが想像する地獄とは、どんなものでしょうか?

別府観光の代名詞のひとつとも言える「地獄めぐり」ですが、山本高之による「どんなじごくにいくのかな」において、子どもたちが別府市南部児童館で、別府に“あたらしい地獄”をつくります!

まず、どんな罪を犯したら地獄に落ちるか考えます。

その後、想像する地獄を、ダンボールでつくります。

2月20日、21日には南部児童館にて”地獄づくり”を行ないました。

子どもたちが”地獄”を作り終えたあとは、それぞれが各々の地獄についてのプレゼンテーションをする様子を映像で撮影します。

制作した地獄とともに、子どもが説明する映像が作品となって、南部児童館の2Fでの展示となります。

みなさん「あたらしい地獄」お楽しみに!!!

広告

ボランティアスタッフ募集中!

詳細はコチラ

BEPPUPROJECT2010 twitter

  • RT @konyokun: 【急遽開催決定!】西野達が今話したいゲストを招き対談を行うトークイベント『達の部屋』の番外編を12/3(日)10時より開催!漫画家・しりあがり寿さんと西野さんが、今夜行ったトークイベントの映像を見返しながらおしゃべりをする2時間。入場料無料です!詳細… 1 month ago

メールアドレスを記入して登録をすれば、ブログ更新をメールで受信購読できます。

現在3人フォロワーがいます。

携帯でサイトをみるにはこちらを登録してください。

携帯でサイトをみるにはこちらを登録してください。

『混浴温泉世界―場所とアートの魔術性』絶賛発売中!

『混浴温泉世界―場所とアートの魔術性』絶賛発売中!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。